Mauticでフォームを設定する方法 | BtoBマーケティングオートメーションツールを始めるなら|custom journey
B to Bマーケティングオートメーションツールを始めるならCUSTOM JOURNEY。MAオープンソースのMauticとAWSで日本語環境を用意しました。
BtoBマーケティングオートメーション,オープンソース,mautic,marketing automation,Customer journey map,custom journey
15760
single,single-post,postid-15760,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-8.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.9.2,vc_responsive

Mauticでフォームを設定する方法

Mauticでフォームを設定する方法

Mauticの導入: フォームの設定

Mauticでは応募フォームやメーリングリスト購読のためのフォームなどを簡単につくることができます。

フォームはリード(見込み客)から直接情報を収集でき、その情報をリードのプロフィールに反映できるのでマーケティングオートメーションでも最も重要な機能のひとつです。

一般的にはフォームのフィールドには名前やメールアドレス、電話番号その他の情報が入ります。フォーム作成で重要となるのはサイト訪問者を困惑させずに情報を入力してもらうことです。

  1. 始めに – 基本的な部分の詳細
    フォームを作成する際、始めにフォームの詳細タブにある項目を設定する必要があります。この場合フォームの名前と簡単な説明文、そして2つの重要な情報(成功公開アクションとリダイレクトURL)を設定することが必要です。
    スクリーンショット 2016-03-15 20.43.46

  2. フォームフィールドの追加
    詳細タブ設定の後は、フォームから収集したい情報をフォームフィールドに追加します。フォームフィールドには多くのオプションがあります。非常に細かい情報を記述できるフォームから非常にシンプルなフォームなど様々なものがあります。
    ここで気をつけなければならないのは、フォームで一度に非常に多くの情報入力を要求するとサイト訪問者を不安にさせてしまいます。代わりにサイト訪問者のプライバシーを保ちながらプロフィール情報を投稿してもらえるように心がけましょう。

重要: 多くのフォームを作成しリード(見込み客)がそれらを埋めた場合 Mautic はリードのプロフィールを構築するため自動でそれらの回答を統合します。複数のフォームを作成しても最後に統合できます。
スクリーンショット 2016-03-15 20.44.06

  1. フォームアクションの定義
    フォームを作成し詳細・フィールドを入力したら投稿(登録)された後にどのようなアクションをするか定義する必要があります。ここではアクションタブを使用します。
    アクションタブを使用することでアクションを好きなだけ追加することができます。1つのフォームに複数のアクションを追加することもできます。
    スクリーンショット 2016-03-15 20.44.21

  2. フォームの目的
    いままではサイト運営者側の目的を記載してきました。サイト訪問者も情報を提供するためには何かメリットであったり、目的がなければなりません。一般的にこれはサイト訪問者にお得な情報であったり役立つ情報を提供することが求められます。具体的にはダウンロード可能なホワイトペーパー(専門技術や特定の研究について)やパンフレット、商品のビデオなどです。
    これはアセットと呼ばれる機能で設定をします。より詳細設定方法は別の記事に記載します。また、アセットについて説明する前にランディングページを説明する必要がありますが、それも後述します。
    いかがでしたでしょうか。
    まずはフォームを作成、設置することでリード(見込み客)が誰だったのかを理解することができるようになりますので、ぜひ導入してみてください。

####(追記)

Mauticのフォームで、ラジオボタンの設問を設置するとエラーが出るという現象を確認しております。おそらく、ver2.0あたりから解消されるかもしれませんが、現状はセレクトボックス等で代替設置をするのが良いかもしれませんね。