【Mautic】メールの送信元(差出人)を配信先ごとに変更する方法 | Mautic | マーケティングオートメーションツールを始めるなら | custom journey
B to Bマーケティングオートメーションツールを始めるならCUSTOM JOURNEY。MAオープンソースのMauticとAWSで日本語環境を用意しました。
BtoBマーケティングオートメーション,オープンソース,mautic,marketing automation,Customer journey map,custom journey
16006
single,single-post,postid-16006,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-8.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.9.2,vc_responsive

【Mautic】メールの送信元(差出人)を配信先ごとに変更する方法

【MAUTIC】メールの送信元(差出人)を配信先ごとに変更する方法

【Mautic】メールの送信元(差出人)を配信先ごとに変更する方法

こんにちは。 CUSTOM JOURNEY運営局の山本です。

Mauticを使ったメール送信で、メールの差出人を配信先ごとに変更したいことがあるかと思います。例えば、差出人を担当の営業さんにしたい、など。

窓口のメールアドレス&差出人(info@〜、カスタマーサポートなど)でメールを送るより、担当者のメールアドレス&差出人でメールを送ったほうがメールの開封率が高いのはよく知られていることだと思います。

こちらMauticの機能で簡単にできるので、今回そちらのやり方を紹介したいと思います。
※Mauticバージョン=v2.8.1

差出人を配信先ごとに変更する方法

1. メール設定

まず通常の差出人設定ですが、「設定」 – 「メール設定」にある。「メール送信者名」「メール送信者のメールアドレス」の箇所です。
差出人設定1
 
 
こちらを宛先によって差出人を変更するには、まず右下の「差出人はオーナー」を『はい』に変更します。
差出人変更2
 
 

2. 差出人登録

次にメールの差出人の情報の登録です。こちらはMautic管理画面の「ユーザー」として登録します。
差出人変更3
 
 
差出人変更4
 
 
以下の「姓」「名」「署名」「Eメール」が差出人として使われる項目です。

 
 

3. コンタクト側での設定

最後に差出人を変更したい送信先のコンタクトの設定を変更します。
差出人変更6
 
 
一番下にある「コンタクト所有者」にて先ほど設定した『ユーザー』を選びます。
差出人変更7
差出人変更9
 
 
以上で設定は完了です!!

テストメール配信

テストメールを配信してみます。
※署名は{signature}でメール文面に設定します。

 
配信すると・・・
 

『ユーザー』にて設定した「姓」「名」が差出人名、「Eメール」が差出人メールアドレス、「署名」がきちんと反映されているのがわかると思います!

(ちなみに「姓」と「名」が逆になっているのがわかるかと思います。ですので、とある案件では『ユーザー』の「姓」「名」は逆にして登録しています。)

最後に

いかがでしたでしょうか・・?
メール配信機能を頻繁に利用するクライアントさんの場合、この機能の利用はかなり必須かなと思っております。ぜひ試してみてください!

ちなみに・・・

『ユーザー』にて1つ1つ担当=『コンタクト所有者』を選ばなくてはいけないのが面倒ですよね。。弊社のクライアントさんのある案件では大量に『コンタクト所有者』を紐付ける必要があったので、プログラムを作成してそこを自動化しました。

そちらのプログラム、以下にて購入できますので、もし大量な紐付けが必要な人はぜひご検討ください!
https://ajikecj.buyshop.jp/items/7678575