MAやMauticの役立つノウハウや情報をお送りします!
×
【Mautic】メール配信速度を早くする方法 | Mautic | マーケティングオートメーションツールを始めるなら | custom journey
B to Bマーケティングオートメーションツールを始めるならCUSTOM JOURNEY。MAオープンソースのMauticとAWSで日本語環境を用意しました。
BtoBマーケティングオートメーション,オープンソース,mautic,marketing automation,Customer journey map,custom journey
16367
single,single-post,postid-16367,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-8.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.9.2,vc_responsive

【Mautic】メール配信速度を早くする方法

Slice

【Mautic】メール配信速度を早くする方法

こんにちは。 CUSTOM JOURNEY運営局の山本です。

Mauticを利用してメールの配信をされる方は多いと思います。

ただMauticはメール配信のツールではないので、大量にメールを配信することはあまり得意ではないようです。

というのも弊社のクライアントさんで数万件のコンタクトに対してメール配信を行っているクライアントさんがいるのですが、その配信速度が課題となっています。

今回はそのメール配信速度について調査した点、およびどうすれば早くなるか? を共有したいと思います!

 

課題

Mauticを使って数万件の顧客にメールを配信しているのですが、結構な時間がかかっています。数万件なのですがおおよそ5時間〜8時間程度かかります。

 

メール配信方法

このクライアントさんのメール配信方法は、「外部のSMTPサーバー」です。Mauticを使っているほとんどの方が「Amazon SES」を利用されているのじゃないかなと思いますが、こちら後述しますが「Amazon SES」を利用していても一緒の課題です。

メールの配信方法は「キュー」です。これは公式ドキュメントにもありますが、大量メール配信は「キュー」を推奨しています。

 

原因調査

まず具体的にどの部分に時間がかかっているのか? なのですが、キューに溜まってから外部のメールサーバーに送信されるまでに時間がかかっていることがわかりました。

もっと具体的にはメールがスプールされるディレクトリ(設定:メールキューディレクトリへのパス)「%kernel.root_dir%/spool」には比較的すぐにたまるのですがそこからメールサーバーに配信されるのに時間がかかるようです。

これがあるクライアントさんの環境だと、1秒で2.8件、1時間に1万件程度になります。これの処理速度が一定なのです。

コミュニティ&GitHub

いろいろ調べていると以下のMauticのコミュニティのスレッドを発見しました。
https://staging.mautic.org/forums/topic/mautic-sending-speed/

やはり同様にメールの送信に時間がかかって悩んでいる方が結構いるようです。
以下のGitHubでも同様な議論がされているようで、、

https://github.com/mautic/mautic/issues/1740
https://github.com/mautic/mautic/issues/2439

The problem is mainly the fact, that the Switchmailer spool calls the send function of your transport sequentially. This means you can’t transmit emails asynchronous and really leverage the power of the Amazon API.
To solve that problem you have to create your own logic to process the local filesystem spool. I made a quick and dirty implementation of that (just a proof) and the sending speed is incredible. But as a said, that means you have to bypass Switchmailer completely which is kind of ugly.

原因はメール送信処理が非同期ではなく順次処理されてしまっているからのようです。

 

対策

ではいったいどうすればいいのか?

それは、上記のGitHub上でやり取りしている中にもあるのですが「Amazon SES API」を利用するとこの問題が解決できるようです。

「Amazon SES」を利用されている人はたくさんいると思いますが、『SMTP』接続での配信かと思います。それを『API』接続してメールを配信する形になります。

それってどうやるの? と気になると思いますが、ちょうどいまその実装を行っていて、2.13.0にて利用できるようになりそうです!

Send emails through Amazon SES API #5263

2.13.0が具体的にいつ公開されるかはわかりませんが、現在2.12.2なのでもう間もなくかと思います。非常に楽しみです。

 

最後に

Mauticのすごいところは何と言ってもオープンソースであることです。上記にあるGitHub上でのやり取りをぜひ見てほしいのですが、問題となっていることを共有しあって、それを解決するという流れが目に見ることができて改めてオープンソースはすごいなぁと思いました。

しかもMauticは開発スピードが早いため、これからもどんどんバージョンアップしていってもっと使いやすくなっていくのかなと思います。

是非もしMAツールの導入を検討している方がいたら是非このオープンソースであるMauticを使ってみることをおすすめします!


★ Mauticの導入でお悩みなことはありませんか?

Mautic導入の相談なら弊社サービスCustom Journeyに相談ください。
大手クライアントへの導入・運用実績もあります。