Mauticのポイント機能の説明 | BtoBマーケティングオートメーションツールを始めるなら|custom journey
B to Bマーケティングオートメーションツールを始めるならCUSTOM JOURNEY。MAオープンソースのMauticとAWSで日本語環境を用意しました。
BtoBマーケティングオートメーション,オープンソース,mautic,marketing automation,Customer journey map,custom journey
15887
single,single-post,postid-15887,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-8.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.9.2,vc_responsive

Mauticのポイント機能の説明

Mauticのポイント機能の説明

Mauticの導入: ポイントの詳細

ポイントがどのように機能しているかやキャンペーンの成果を定めるのにどのように使用されているのかの基本的な部分について理解できたなら、ポイントの実行法やリードの重み付けの改善などより詳細な部分について見ていきましょう。

1. ネガティブポイントの使用

まず初めにネガティブポイントとして使用されているポイントに関して見ていきます。全体の目標はポイントを計算してリードを評価することなのでこれは一見反直感的に思えるかもしれません。しかしポイントを引きたいときや特定のリードに低い評価を与えたい場合があります。

1つの例として、ある特定のプロダクトでキャンペーンを実施しているとします。このプロダクトに訪れていてウェブページで時間を費やしているリードはポイントを受け取るべきであるということは分かります。しかしあなたが2つの似たプロダクトを持っており、このキャンペーンでは特定の1つに注目したい場合について考えてみてください。

このスクリーンショットは特定のURLに訪れた1人のリードにネガティブポイントを付与する方法を示しています。(これは、メニューバーのポイント>アクションの管理>新規から作成することができます。)ポイントアクションが初期化する前に、特定のページで過ごした総時間を定められるのと同様にページ訪問に対して時間間隔を定義できることに気をつけて下さい。
DiveDeeperIntoPoints_00

2. 既存のリードに対するトリガーイベント

ポイントの2つ目の特徴は保存した時に即座にトリガーを引くことです。

ポイントトリガーを作成した時に、特定の条件に基づく全てのリードにたいして即座にトリガーを発動させるかについてのオプションがあります。これはポイントの強力な特徴です。このオプションを有効にした場合即座に全てのグループのリードが修正されアップデートされます。

例として、あなたは新しいキャンペーンを実施しようとしており、特定のリードをターゲットにしているとします。新しいキャンペーンでは最初にすでに50ポイント保有しているリードについてのみ連絡を取ろうとしているとします。

このようなリードを選択し1人ずつリストに追加していく退屈なプロセスの代わりに、保存した時に即座に実行されるトリガーを作成すれば良いだけです。このトリガーは条件に合致したリードを新たに作成したキャンペーンやリストに自動で追加します。

ポイントの作り方によってはかなりの時間の節約になります。
ポイントはリードの重み付けを行うのにはるかに簡単な方法です。ポイントはリードを迅速に効率的に管理するために使用されます。ポイントアクションやトリガーを効率的に使用できるよう想像力を働かせて設定してみましょう。
DiveDeeperIntoPoints_01