MAやMauticの役立つノウハウや情報をお送りします!
×
【Mautic】Google AnalyticsとMauticを連携する方法 | Mautic | マーケティングオートメーションツールを始めるなら | custom journey
B to Bマーケティングオートメーションツールを始めるならCUSTOM JOURNEY。MAオープンソースのMauticとAWSで日本語環境を用意しました。
BtoBマーケティングオートメーション,オープンソース,mautic,marketing automation,Customer journey map,custom journey
16336
single,single-post,postid-16336,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-8.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.9.2,vc_responsive

【Mautic】Google AnalyticsとMauticを連携する方法

アイキャッチ1

【Mautic】Google AnalyticsとMauticを連携する方法

こんにちは。 CUSTOM JOURNEY運営局の山本です。

Mauticを利用していろいろ分析することもできるのですが、細かい分析しようとするとけっこう大変だったりします。

以前書いた以下の記事のようにSQLをたたいて分析することもできるのですが、結構ハードルは高かったりします。

【Mautic】メール配信結果の詳細レポートを見る方法

そこで、今回紹介するのは、みなさんがほとんどのサイトに導入していると思われるGoogle Analyticsと連携してもっと細かい分析ができる方法です。
 

概要

Google AnalyticsとMauticを連携する方法ですが、Mauticで発行されたクッキー(Cookie)をGoogle Analyticsに保存する、という方法を行います。

Mauticから発行されるクッキーは「mtc_sid」というクッキーになります。

クッキー値の例としては、

84d123456878ce5c0xxxxx87654321981680xxxxx

のようなものになります。これをGAに保存したいと思います。

 

GAの設定

1.カスタムディメンションの作成

GAのカスタムディメンションを作成します。管理より「カスタムディメンション」を選択。

スクリーンショット 2018-01-05 16.54.08

「新しいカスタムディメンション」をクリック
スクリーンショット 2018-01-05 16.54.55

名前は任意の名前を、範囲は「ユーザー」を選択します。
スクリーンショット 2018-01-05 16.46.21

カスタムディメンションで作成される「このディメンションのサンプル コード」は特に利用しません。

以下にあるインデックスは利用するので(以下の例だと「2」)覚えておいてください。
スクリーンショット 2018-01-05 16.49.27

2.GTMの設定

弊社ではGTM(Google Tag Manager)を利用していたので今回はそちらのやり方を説明します。

GTMの設定にカスタムディメンションを追加します。
スクリーンショット 2018-01-05 17.02.19

「インデックス」は先ほど作ったカスタムディメンション時のインデックスです。(上記の例だと「2」)

「ディメンションの値」は、「カスタムJavascript」を利用します。
スクリーンショット 2018-01-05 17.06.03

変数名は任意の名前(例:「Mautic Cookie」)
カスタムJavascriptの中身は以下です。

スクリーンショット 2018-01-05 17.11.27

プレビューで念のため確認してください。
スクリーンショット 2018-01-05 17.12.07

以下赤枠にカスタムディメンションの設定があり、値が設定されていればOKです。

スクリーンショット 2018-01-05 17.14.24

以上で設定は完了です!!

GAでの閲覧方法

GAでのカスタムディメンションの閲覧方法の詳細はここでは割愛しますが、ユーザーエクスプローラのカスタムディメンションに表示されたり、セカンダリのディメンションとして絞り込んだりして、閲覧することができます!!

スクリーンショット 2018-01-05 17.19.52
スクリーンショット 2018-01-05 17.19.06

 

さいごに

いかがでしたでしょうか? ほとんどのサイトで導入されているGoogle Analyticsを連携できることで分析の幅がいっきに広がるのかなと思います。

是非試してみてください!

 


★ Mauticの導入でお悩みなことはありませんか?

Mautic導入の相談なら弊社サービスCustom Journeyに相談ください。
大手クライアントへの導入・運用実績もあります。