MAやMauticの役立つノウハウや情報をお送りします!
×
【Mautic応用】メール未開封ユーザーに自動再配信 | Mautic | マーケティングオートメーションツールを始めるなら | custom journey
B to Bマーケティングオートメーションツールを始めるならCUSTOM JOURNEY。MAオープンソースのMauticとAWSで日本語環境を用意しました。
BtoBマーケティングオートメーション,オープンソース,mautic,marketing automation,Customer journey map,custom journey
16447
single,single-post,postid-16447,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-8.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.9.2,vc_responsive

【Mautic応用】メール未開封ユーザーに自動再配信

email-marketing-2362038_1920

【Mautic応用】メール未開封ユーザーに自動再配信

こんにちは!CUSTOM JOURNEY運営局の眞栄田です。

今回から「Mautic応用」と題しまして、実際に「Mauticにより可能になる施策」とその「設定方法」をご紹介していきます。

こんな方におすすめ

  • 実際にどのような施策に応用できるかわからない
  • やりたい施策はあるけど、設定方法がわからない
  • とりあえず、Mauticを使っていきながら理解を深めていきたい

 

早速始めていきましょう。

施策概要

今回のテーマ
メール未開封ユーザーに自動再配信

内容
Mauticのキャンペーン機能を利用して、以下の施策を実施します。
1.事前に決めたセグメントに対して、メールを配信。
2.任意の日数経過した時点で、メール未開封のユーザーに対してメールを自動で再配信。

狙い
メールが埋もれてしまって見ることができていないユーザーに対してのみ、再配信を実施します。
それによりメール開封ユーザーを増やし、効率良い見込顧客(リード)の獲得を可能します。

事前準備

以下は事前に準備しておいて欲しい項目です。
1.メールを配信するセグメントを作成
2.配信するメールを作成
3.「再配信までの期間」を決定

手順

以下の流れで詳しく説明していきます。
1.キャンペーンの新規作成
2.メールを配信するセグメントを設定
3.配信するメールを設定
4.メール未開封ユーザーに対するアクション(メール再配信)を設定
5.キャンペーン公開

詳細説明

1.キャンペーンの新規作成

①Mautic管理画面にログインします。

②メニューから「キャンペーン」「+新規」とクリック、新規キャンペーン作成画面に進みます。

③新規キャンペーン作成画面で設定できる項目はいろいろですが、今回はキャンペーン名(必須)説明だけ設定します。

「キャンペーンビルダー」を開きます。

スクリーンショット 2018-01-29 18.51.53

2.メールを配信するセグメントを設定

「コンタクトソース」「コンタクトセグメント」の順にクリックします。

②コンタクトセグメントを選択する画面が表示されるので、事前に準備していたセグメントを選択して、「+追加」をクリックします。今回は【テスト】セグメントを選択します。

画像②加工

 

③これでメールを配信するセグメントの設定は完了です。

3.配信するメールを設定

①表示されているセグメントの右・左・下にそれぞれ半円のような表示があります。こちらにマウスカーソルを持っていくと「+」という表示が出ますので、下についている「+」をクリックします。すると画像のようなメニューが開きます。

画像③

②メニューの中から「アクション」を選択します。すると選択可能なアクションが表示されますので「メール送信」を選択します。

③送信するメールの設定画面が開きますので、各項目を設定していきましょう。設定を完了したら「+追加」ボタンをクリックします。

  • (名前) :キャンペーンビルダー上に表示されるアクション名です。自分たちがわかりやすい名前に設定してください今回は「メール配信」に設定します。
  • (このイベントを…): メール配信タイミングの設定です。今回は「特定の日付/時間に実行」をして、「2018/1/31の14:00」という特定の日時を設定しました。
  • (送信するメール) :事前に準備していたメールを選択します。今回は「【テスト】メール」を選択します。
  • (メールタイプ) :「Transactionnal」を選択します。

スクリーンショット 2018-01-29 16.21.42

④これではじめに配信するメールの設定は完了です。

4.メール未開封ユーザーに対するアクションを設定

いよいよここから今回の施策のポイントとなる「メール未開封ユーザーへのメール自動再送信」を設定していきます。

①表示されている「メール送信」アクションの下方向半円にマウスカーソルを持っていき、「+」表示にをクリック。すると画像のようなメニューが開きます。

スクリーンショット 2018-01-29 16.49.14

②メニューの中から「決定」を選択します。選択可能なアクションが表示されますので「メール開封」を選択します。

スクリーンショット 2018-01-29 16.50.53

③設定画面が開きますので、名前を入力後に「+追加」ボタンをクリックします。今回は「メール開封」という名前にしています。

スクリーンショット 2018-01-29 16.52.47

④ここまでくると「メール開封トリガー」が表示され、下方向には二つの半円があることに気づくかと思います。二つの半円をクリックすると各々、下記の設定が可能になります。

  • (左下の半円) :設定したトリガーを「実行したユーザー」に対するアクションを設定できます。ここではメールを「開封したユーザー」。
  • (右下の半円) :設定したトリガーを「実行していないユーザー」に対するアクションを設定できます。ここではメール「未開封のユーザー」。

⑤今回は「メール未開封ユーザー」に対してメールを再配信するので、右下の半円にマウスカーソルを持っていき、「+」表示をクリックするとメニューが開きます。

スクリーンショット 2018-01-29 18.37.27

⑥開いたメニューの中から「アクション」を選択します。選択可能なアクションが表示されますので「メール送信」を選択します。

スクリーンショット 2018-01-29 17.10.18

⑦3-③と同様にメール設定画面が開きますので、同様に各項目を設定します。今回は初回メール送信から3日経過した時点で未開封のユーザーにメールを再配信するという設定にします。

ここで注意するのは1通目のメール設定の際、(このイベントを…)というメール配信タイミングの設定がありましたがここでは(コンタクトがアクションを取らなかった場合にはこのイベントを…)という設定項目に変わっています。さらに(すぐに実行)という選択項目はなくなっています。残っている2つの選択項目は以下のように理解してください。

  • (相対時間以内に実行):「設定したトリガー」が実行されなかった場合に「元となったアクション」から “何日(分/時間/月/年)経過後” にこのメールを送信するという設定です。
  • (特定の日付/時間に実行):「設定したトリガー」が実行されなかった場合に“特定の日時”にこのメールを送信するという設定です。

※今回は1通目と同じメールを再配信していますが、もちろん別のメールを配信することも可能です。1通目の開封率が低い場合などは、件名や本文を変更して配信するのも手です。

スクリーンショット 2018-01-29 17.33.35

⑧設定が完了したら「+追加」ボタンをクリックします。

⑨ここまででキャンペーンビルダーの設定は完了です。以下の設定が画像のように可視化されているかと思います。

1.「【テスト】セグメント」に向けて、「2018/1/31の14:00」にメール配信。

2.「メール開封トリガー」が設定されており、未開封のユーザーに対しては3日後に「メールを再配信」。

スクリーンショット 2018-01-29 17.39.40

⑩確認できましたら右上の「適用」をクリック後、「ビルダーを閉じる」をクリックしてください。

5.キャンペーン公開

①キャンペーン編集の画面に戻りますので、キャンペーンの公開設定を「はい」にします。
※もし、キャンペーンビルダー内で設定したアクションを「すぐに実行」などの設定にしていると「保存して閉じる」をクリック後にすぐに実行されてしまうので注意してください。

スクリーンショット 2018-01-29 18.56.16

②全ての設定を確認したら「適用」をクリック後、「保存して閉じる」をクリックしてください。これで全ての手順が完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は「メール未開封ユーザーに自動再配信」というテーマで、Mauticのキャンペーン機能を初めて利用する方でもできるだけわかりやすいようにご説明いたしました。同様の手順で「メール開封ユーザー」に対しても特定のアクションを実施することができますのでぜひ、お試しください。

Mauticは一見、クセがあり使いにくく感じるかもしれません。しかし、一度慣れてしまえば、様々なマーケティングアプローチが可能になり、施策の効率化に繋がると考えています。
今後もできる限りわかりやすく、「Mauticの応用」について、ご紹介していきたいと思います。

弊社(株式会社アジケ)ではMauticの導入・運用支援も実施しています。ご相談等ございましたらこちらよりお気軽にお問い合わせくださいませ。