MAやMauticの役立つノウハウや情報をお送りします!
×
【Mautic応用】カゴ落ちメール施策 | Mautic | マーケティングオートメーションツールを始めるなら | custom journey
B to Bマーケティングオートメーションツールを始めるならCUSTOM JOURNEY。MAオープンソースのMauticとAWSで日本語環境を用意しました。
BtoBマーケティングオートメーション,オープンソース,mautic,marketing automation,Customer journey map,custom journey
16663
single,single-post,postid-16663,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-8.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.9.2,vc_responsive

【Mautic応用】カゴ落ちメール施策

e-commerce-402822_1920

【Mautic応用】カゴ落ちメール施策

こんにちは!CUSTOM JOURNEY運営局の眞栄田です。

第3回目となりました「Mautic応用」ですが、今回はECサイトには欠かせない「カゴ落ちメール施策」をMauticで実現する方法を説明します!
これまでの記事は下記から
【Mautic応用】メール開封ユーザーに自動再配信
【Mautic応用】資料ダウンロードフォーム作成

こんな方におすすめ

  • ECサイトを運営しているけど、カゴ落ち対策ができていない
  • カゴ落ち対策の効果が見えないため、ツールの導入に踏み切れない
  • とりあえず、Mauticを使っていきながら理解を深めていきたい

さて、始めていきましょう。

施策概要

今回のテーマ
カゴ落ちメール施策

内容
Mauticのキャンペーン機能を利用して、以下の施策を実施します。
1. カートに商品を追加したが購入には至ってないユーザーに対して、購入促進メールを送信。
2. 購入を完了したユーザーは「購入完了セグメント」へ追加。

狙い
カートに商品追加を行った、購入意欲が高いことが想定されるユーザーに対してアプローチをすることで
機会損失を防ぐ。また、購入完了ユーザーは「購入完了セグメント」へ追加することで今後のリピート施策の
実施が可能になる。

事前準備

以下は事前に準備しておいて欲しい項目です。
1. 「カート追加ページ」および「購入完了ページ」のURL
2. 「購入促進メール」の作成
3. 「メールアドレス取得者セグメント」「カート追加ページ訪問セグメント」「購入完了ページ訪問セグメント」の作成

手順

以下の流れでキャンペーン設定を進めて行きます。

1.  キャンペーンの初期設定を行う。
2.  「メールアドレス取得者セグメント」をキャンペーンの起点として設定する。
3. カートページ訪問ユーザーを「カート追加ページ訪問セグメント」に追加する設定を行う。
4. カートページに訪問したが、購入完了ページは訪問していないユーザーに「購入促進メール」を送信する設定を行う。
5. 購入完了ページを訪問したユーザーは「カート追加ページ訪問セグメント」から「購入完了ページ訪問セグメント」へセグメント変更

詳細説明

1. キャンペーンの初期設定を行う。

① Mautic管理画面にログインします。

② メニューから「キャンペーン」「+新規」とクリック、新規キャンペーン作成画面に進みます。

③ 各種項目を入力します。

  • 名前: 必須入力。管理上わかりすいキャンペーン名を入力。
  • 説明: 任意入力。作成するキャンペーンの要件など記載しておけば、便利です。
  • カテゴリー: 任意選択。
  • 公開: 「はい」を選択。
  • 公開(日/時): 任意入力。
  • 公開取り消し(日/時):任意入力。

④ 入力完了後、「キャンペーンビルダーを起動」をクリックします。

スクリーンショット 2018-03-19 18.44.31

 

2. 「メールアドレス取得者セグメント」をキャンペーンの起点として設定する。

① コンタクトソースを選択するために「ひとつ選択」をクリックします。

② 「コンタクトセグメント」と「キャンペーンフォーム」の2種類の選択肢がでますので「コンタクトセグメント」をクリックします。

 

③ するとコンタクトセグメントを選択するポップアップが出てきます。「一つもしくは複数を選択してください」と記載されている箇所をクリックします。

④ 作成したセグメントのリストが出てきますので、事前に作成しておいた「メールアドレス取得者」セグメントをクリック。その後、「+追加」をクリックすればこちらの設定は完了です。

スクリーンショット 2018-03-19 18.56.07

 

3. カートページ訪問ユーザーを「カート追加ページ訪問セグメント」に追加する設定を行う。

① 2.で選択した「メールアドレス取得者セグメント」の下向きの半円をクリックします。すると「決定」「アクション」「条件」というポップアップが表示されますので「決定」を選択してください。

スクリーンショット 2018-03-19 19.09.31

 

②下記画像のようなリストが表示されますので「Visits a page」をクリックします。

スクリーンショット 2018-03-19 19.11.24

③ポップアップが表示されますので各種設定を進めて行きます。設定が完了したら右下の「更新」ボタンをクリックします。

  • 名前:わかりやすい名前を入力してください。
  • Limit to Pages: Mautic上で作成したページを指定する場合に使用します。今回は使用しません。
  • URL: URLでページを指定します。今回はこちらに事前に準備した「カート追加ページ」のURLを入力します。
    ※こちらを使用する場合は指定するページにMauticのタグが設置されている必要があります。
  • Referrer: リンク元ページのURLにより設定します。今回は使用しません。
    ※こちらを使用する場合は指定するページにMauticのタグが設置されている必要があります。

スクリーンショット 2018-03-19 19.26.55

 

 

④ここまでで「カート追加ページ訪問」という行動が追加されました。
今回は「カート追加ページを訪問した人」をセグメントに追加するので、右下の半円をクリックしてください。
※左下の半円をクリックすると「カート追加ページを訪問しなかった人」に対するアクション等が設定できます。

スクリーンショット 2018-03-27 17.56.45

⑤「アクション」または「条件」というメニューが表示されるのでここでは「アクション」をクリックしてください。
「ひとつ選択…」をクリックすると下記画像のようなリストが出てくるので「Modify contact’s segments」をクリックします。

スクリーンショット 2018-03-27 18.05.57

⑥セグメント変更の設定画面が開きますので、各項目を設定していきます。設定が完了したら「+追加」をクリックします。

  • 名前: わかりやすい名前を入力してください。
  • このイベントを…: 「すぐに実行」を選択
  • Add contact selected segment(s): 追加したいセグメントを選択します。今回は事前に作成しておいた「カートページ訪問」セグメントを選択します。
  • Remove contact from selected segment(s): 特定のセグメントから除外場合に使用します。

スクリーンショット 2018-03-27 18.17.19

4. カートページに訪問したが、購入完了ページは訪問していないユーザーに「購入促進メール」を送信する設定を行う。

①「カート追加訪問セグメントに追加」の下部分の半円をクリック、「決定」>「Visit a page」を選択します。
設定画面が開くので各項目の設定を行い、「+追加」をクリックします。

  • 名前:わかりやすい名前を入力してください。
  • Limit to Pages: Mautic上で作成したページを指定する場合に使用します。今回は使用しません。
  • URL: URLでページを指定します。今回はこちらに事前に準備した「購入完了ページ」のURLを入力します。
    ※こちらを使用する場合は指定するページにMauticのタグが設置されている必要があります。
  • Referrer: リンク元ページのURLにより設定します。今回は使用しません。
    ※こちらを使用する場合は指定するページにMauticのタグが設置されている必要があります。

スクリーンショット 2018-03-27 18.29.37

②「購入完了ページ訪問」という行動が追加されました。
今回は「購入ページに訪問しなかった人」に購入促進メールを配信するので、左下の半円をクリックしてください。
スクリーンショット 2018-03-27 18.35.25

「アクション」>「ひとつ選択」>「メール送信」の順にクリックしていきます。
するとメール送信設定の画面が開きますので、各種設定して「+追加」をクリックします。

  • 名前: わかりやすい名前を入力してください。
  • コンタクトがアクションを…: メールを配信するタイミングを選択します。今回は「カート追加ページ訪問後、購入ページを訪問しなかった場合、1日後に配信する。」設定を行います。「相対時間以内に実行」、#→「1」「日」を選択してください。
  • 送信するメール: 事前に準備しておいた「購入促進メール」を選択します。
  • メールタイプ: 「Transactional」を選択します。

スクリーンショット 2018-03-27 18.47.49

5. 購入完了ページを訪問したユーザーは「カート追加ページ訪問セグメント」から「購入完了ページ訪問セグメント」へセグメント変更

①今回は「購入ページに訪問した人」のセグメントを変更するので、右下の半円をクリックしてください。

「アクション」>「ひとつ選択」>「Modify contact’s segments」の順でクリックします。

③セグメント変更の設定画面が開きますので、各項目を設定していきます。設定が完了したら「+追加」をクリックします。

  • 名前: わかりやすい名前を入力してください。
  • このイベントを…: 「すぐに実行」を選択
  • Add contact selected segment(s): 追加したいセグメントを選択します。今回は事前に作成しておいた「購入完了ページ訪問」セグメントを選択します。
  • Remove contact from selected segment(s): 除外したいセグメントを選択します。今回は「カートぺージ訪問」セグメントを選択します。

スクリーンショット 2018-03-28 12.04.55

④ここまで完了したら最後に右上の「適用」>「ビルダーを閉じる」をクリックします。

スクリーンショット 2018-03-28 12.21.13

⑤キャンペーンの初期設定画面に戻りますので、最終的な内容を確認して「適用」>「保存して閉じる」をクリック。
これで完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はECサイトにとっては、効果的かつ必須と言われている「カゴ落ちメール施策」というテーマでご説明いたしました。
より詳細まで設定できるツールも存在しますが今回のような方法を使えば、ある程度は施策を実現することができます。
まずは費用対効果を見るためにもMauticを利用してみるのもいいのではないでしょうか。
今後も引き続き、「Mautic応用」について、ご紹介していきたいと思います。

弊社(株式会社アジケ)ではMauticの導入・運用支援も実施しています。ご相談等ございましたらこちらよりお気軽にお問い合わせくださいませ。