Mauticでリードをトラッキング・確認するために必要な設定・設置方法 | BtoBマーケティングオートメーションツールを始めるなら|custom journey
B to Bマーケティングオートメーションツールを始めるならCUSTOM JOURNEY。MAオープンソースのMauticとAWSで日本語環境を用意しました。
BtoBマーケティングオートメーション,オープンソース,mautic,marketing automation,Customer journey map,custom journey
15753
single,single-post,postid-15753,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-8.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.9.2,vc_responsive

Mauticでリードをトラッキング・確認するために必要な設定・設置方法

Mauticでリードをトラッキング・確認するために必要な設定・設置方法

1

Mauticの導入: リードの追跡

Mauticは導入から設定をすばやく簡単に行うことができるため、即座に情報収集・リード(見込み客)の追跡・セールスの改善を始めることができます。

詳細は後述しますが、トラッキングをするための設定はあなたのサイトにトラッキングピクセルを一つ設置するだけです。

トラッキングタグの設置により、リードの設定やあなたのウェブサイトへの訪問客のモニタリングが可能になります。

リード(見込み客)の追跡

リードを追跡できる機能というのは、マーケティングオートメーションを導入する最も大きな理由のひとつです。

リードの追跡、モニタリングはサイトの訪問客や彼らの行動に基づいたサイトの分析・最適化のためのプロセスです。

Google Analytics に詳しいかたならおわかりかと思いますが、これはサイトのトラフィックに関するグラフやチャート、その他詳細情報を収集するためのものです。

手動でトラッキングピクセルを設置する場合

Mauticには各種CMSでと自動で Integration(統合)機能がありますが、ver1.3.0ではバグで設置が難しい場合があります。

その場合はあなたのウェブサイトに手動でトラッキングピクセルを追加してください。

挿入するコード

<img src="“http://yourdomain/mtracking.gif”" alt="" />

“yourmauticdomain”の部分はMauticをインストールした実際のドメインに変更してください。これはroot位置やサブドメイン、サブフォルダーでも構いません。ブラウザにそのURLをロードすることでリンクが正しいかテストすることができます。

もし何もない白いページで、タイトルに.gifかイメージファイルがある場合が正しいパスとなります。
(トラッキングピクセルは1×1の透明なgifイメージファイルなので何も表示されません)。

一度トラッキングピクセルをサイトに追加すると訪問客や記録されMautic内のリードに追加されます。

リードが見られなくても心配しないでください

正しくトラッキングピクセルを追加してもリードを見ることができないかもしれません。

あなたが二重にチェックをしトラッキングピクセルが正しく表示されている場合、訪問客は追跡できています。しかし、それを見ることができないかもしれませんが、これは普通です。

もしリードが匿名の場合はそれに関連する識別情報が取得できません。つまり、彼らの名前やメールアドレス、その他の特徴などはまだわかっていない状況だと思います。

匿名のリードを見る場合は画像右に示した、ボタンをクリックするだけです
もしくは、リードリストの検索フィルターで”is:anonymous”を入力することで閲覧可能です。

デフォルトの設定では匿名のリード情報は表示されません。これはリードリストが多くなった場合にリストが匿名の情報で覆い尽くされないようにするためです。

いかがでしたでしょうか?

まだ匿名の状態でも「is:anonymous」をいれることで、サイトにおとずれているユーザーがどのページをどういうステップで見ているかが可視化されたかと思います。

次のステップはスマートリストの見方や最初のキャンペーンのための設定などを書いていこうと思います。