無料のマーケティングオートメーションツール「Mautic」がver1.4.0にアップデート!ソーシャルログイン機能などがデフォルトに  | BtoBマーケティングオートメーションツールを始めるなら|custom journey
ついに・・・待望のMautic1.4.0がリリースされましたね!! 今回追加された機能は、Mautic利用者にとって興奮するような素敵な機能が追加されたのではないでしょうか!?
mautic,アップデート,1.4.0,マーケティングオートメーションツール,無料
15926
single,single-post,postid-15926,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-8.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.9.2,vc_responsive

無料のマーケティングオートメーションツール「Mautic」がver1.4.0にアップデート!ソーシャルログイン機能などがデフォルトに 

無料のマーケティングオートメーションツール「Mautic」がver1.4.0にアップデート!ソーシャルログイン機能などがデフォルトに 

MAX98_yattazeyossya20140531_TP_V

待望の1.4.0のリリースです!

CJ運営局の野村です。
ついに・・・待望のMautic1.4.0がリリースされましたね!!
今回追加された機能は、Mautic利用者にとって興奮するような素敵な機能が追加されたのではないでしょうか!?

用語が変わりました!

まず、機能の前に今回のリリースで最初に気がつくことは、複数の用語が変わったことだと思います。理由は、Mauticをよりユーザーの業界に近づけるためだそうです。

「Leads」「Lead lists」「Lead fields」はなくなったのではなく、新しい名前になりました。
これまで「Leads」と呼んでいたものは「Contacts」、そして「Lead lists」と呼んでいたものは「Segments」とされています。(ちなみに日本語化の対応はまだかもです・・・)

メニューが変更されました!

そして、用語の変更だけではなく、早い段階でメニューの新しいアイテムにも気がつくのではないでしょうか?
以下が新しいメニューです!(こちらも日本語化の対応はまだっぽいです・・・)

・Manage Leads = Contacts
・Manage Lists = Segments
・Manage FieldsはCustom Fieldsとしてadminのメニューに移動

アセット、フォーム、ランディングページは現在コンポーネントの下層に、
Eメールは、このリリースのための新しいチャンネルとともにチャンネルの下層に移動しました。

機能のハイライト

今回のリリースはMautic利用者にとって素敵な機能が複数追加されました!

構成可能なダッシュボード

ダッシュボードはウィジットで構成が可能になりました!
ユーザーは、自分に有用な項目だけでダッシュボードを構成できます。
そして、レイアウトをシェアしたりインポートできるようになりました。(すごい・・・!)
また、目的別に作成した複数のレイアウトを保存することもできるようになりました。
これまで十分見やすかったダッシュボードを、さらに見やすく自分で構成できるようになったのですね!
これで効率がさらに上がるのではないでしょうか?

SMSとWebチャンネル

これからはTwilioとOne SignalでMauticアカウントを統合します。自身のTwilioとOne Signalのアカウントを使うことによって、キャンペーンを通じたコンタクトテキストメッセージを送ったり、相手にプッシュ通知を送ったりすることが可能です!
メニュー内のチャンネルの下にリスト表示するためにはMauticの設定でこれらを有効にできますので、有効にすることを忘れずに!

ソーシャルログインが可能に

自身のフォームにソーシャルプロフィールを埋め込むことができるソーシャルログインフォームフィールドを作成させることができるようになりました!(コンタクト側が便利に、運営側はより詳細で正確な情報を得ることができるように!)
コンタクトは自動でフォームにソーシャルで使用している情報を記入することができます。
ソーシャルプロフィールの詳細は、コンタクトのプロフィール(コンタクトによって許可されれば)に加えられます。
しかし、セットアップは開発者アカウントが行わなければいけないことに注意してください!

Javascriptベースの追跡

さよならトラッキングピクセル!
・・・はい、実際はまだ周りだけです。
しかし、Javascriptベースの追跡オプションがあります!
トラッキングコードを取得するにはConfigurationで行ってください。

カスタムメイドのパラメータ(トラッキングピクセルのような)を追加するために、トラッキングコードをアップデートします。

ベータの特徴として、これらのパラメータをページヒットに自動的に含めるfingerprintjs2も含めました!

fingerprintsが何かって?
fingerprintsは自身の固有デバイスのことです。カスタムフィールドでfingerprintsを設定することで、リードをより詳細に識別することができるようになりました!
しかし、リードが複数のデバイスを使う場合、効果的でないことがあるそうです・・・。
しかし、Mauticは将来的によりトラックフィールドに活用できるよう計画しているそうです!
これからの益々のアップデートに期待ですね!

今回のリリースには他にも多くの機能と拡張機能が追加・変更されました!
以下のサイトに詳細が掲載されているので、チェックしてみてください。
https://github.com/mautic/mautic/releases/tag/1.4.0